比較サイト メイプルストーリーの思い出2: いつか帰るところ

2014年06月28日

メイプルストーリーの思い出2


前回更新に続きメイプルストーリーの思い出


今日はミズキさんのお話

前回の更新でも書きましたが、中学生の時に私はメイプルにはまりすぎて

結構ネトゲ廃人街道をまっしぐらに行ってました

その私がメイプルをやめれたきっかけがミズキという人との出会いでした


ミズキとはメイプル上での友達でしたが、友達の友達なんていう理由でつながってただけで、ほとんど交流は無い人でした

ミズキと交流するようになったのは、私が露天を開いていた時の事でした

メイプルでは自分でマーケットに店を出せるようになっていて、当時の私もそれをやっていたんですが

お店を開いている間はキャラクターを操作することが出来ないのでチャットしか出来ないんです


そんな時に話しかけてきたのがミズキでした


向こうも向こうでする事が無いからって事だったんですが、話すのなんてほぼ初だったのにチャットが凄い盛り上がったんです

まぁとにかく楽しかったんですよ。ミズキとチャットするのが


最初は週1回話していたのが、週2回に、週3回に、毎日に


学校から帰ってくるとすぐメイプルをつけて寝るまで狩りだったのが

学校から帰ってくるとすぐメイプルをつけて寝るまでミズキとチャットの日々に代わりました

ものの2,3ヶ月ですごくミズキとは凄く仲良くなったんですが、

メイプルで仲良くなったくせにメイプル上でチャット以外やった事がないっていう少し変な関係でもありました


すごい量のチャットはしてるけど、キャラクター同士は全く接触していないっていう状態でした

内緒話っていう、2人でチャットする機能で会話していたので

共通の友達も多少はいたんですが、私達が仲良いなんてのは他の誰もしりませんでした


そんな状態が続き、どうせメイプル入ってもチャットしかしてないんだからメイプル要らなくない?って話になりました

まぁ、そりゃそうだよねーとメッセンジャーを使って会話するようになり、ふたりともメイプルをやらなくなりました


そのうち音声通話をやるようになったんですが、これがまた大ヒットで

お互いずっと話していたいっていう感じになっていて、毎日毎日音声通話をやるようになりました


メイプルにハマったのが中2で

ミズキにハマったのが中3の後半


確かにネトゲ廃人ではなくなったんですが

晩御飯を食べ終わったらすぐ音声通話をはじめ、毎日深夜3時頃まで通話してたんで、あんまり状況は変わってなかったかもしれません


平日が7,8時間の通話
次の日が休みの時は次の日のお昼ぐらいまで話した時もあって、もう12時間以上通話してるね〜なんて話してたのを覚えています


今となっちゃ何を話していたのか思い出せないんですが

不思議と会話が途絶える事もありませんでしたし、お互い作業しながら喋っていたわけでもありませんでした

ふたりとも布団に入って目をつむりながらひたすら会話するのが日課でした

こんな生活を1年やったあたりでちょっとずつ変化も出始め

私が相手に恋心を持ち出しました

まぁまず平日7,8時間も通話する生活が1年キープされた事が今思うと謎ですが。


私はわりと爆発型でして、ある日感情を抑えれなくなって告白してしまいました

写真くらいはお互い見ていたとはいえ、実際には会ったこと無い人でしたし

住んでいるところが私がシンガポールで相手が北海道っていう無駄に長距離だったんで

告白に意味がないと頭では思ってたし、何より振られると思っていたんですが、OKされてしまいました


告白なんて初だったし、突発的だったんで頭パーンでしたね

そして何を思ったか自分から告白してOKもらって私が断るっていう謎な言動をとってました

意味不明です

ちゃんと付き合いたいから一度会ってからにしたい 的な事をミズキに伝えていました

後日その時の話を2人でしたら、告白されたと思ったら次の瞬間振られたって恨み事を言われました

まぁそりゃそうだよね


そんなこんなで、
告白した数日後に親に頼み込んで北海道に行かせて欲しいと頼み込みました

当然ながら親は( ゚д゚)ポカーンでした

かーちゃん大反対 とーちゃん面白いなお前的な感じでOK

かーちゃんは高1で異性の家に泊まるなんて!!みたいな事言ってました

私は誰もやるなんて言ってないだろこのスケベめみたいな応戦してた記憶があります


学校で噂になるでしょとか言ってましたがその辺はまぁ結論から行くと大丈夫でした



結局とーちゃんが行かせてやれーって言ってOKになりました

私はお金使わない方なんで、子供の頃から全く使ってないお年玉で行くことになりました


わりとこの時の出来事は行動力の無い私の中ではトップクラスの冒険だったと思います

一人で知らない地に行くのもはじめて
一人で飛行機乗るのもはじめて
異性の家に泊まるのもはじめて
彼女が出来るのもはじめて
彼女の親に会うのもはじめて

同時にこんだけはじめてだったんでドッキンドッキンでした


そんなわけで1年間何百時間も通話した相手とはじめて会ったんですが

やはり会話というのは人間関係を構築する上で大部分をしめる行為なんでしょう、

会ってすぐからもう二人共出来上がってる感じでした


泊まったのは3日くらいだったんですが、すごく濃い3日でした

男女としても色々初体験でしたしね!

この辺が高1か高2の頃の話になると思います

メイプルがなきゃこんな事にならなかったでしょう

まぁ二人共もうメイプルで知り合った事なんて忘れてるに近いくらいでしたけどね



今の私はかなりこのミズキさんの影響受けてる部分あるんで

それも含めてメイプルは私の人生にかなり影響与えてるなーと思います

そんなわけで私はメイプル好きです

最近過疎ってるようですが、長続きして欲しいですね


何気に大学を経済学部にしたのも、仕事をプログラマーにしたのも、両方メイプルの影響だったりしますし




ではでは 次は大学時代にメイプルにはまった話でも書きたいですね

posted by ちきん at 04:04| Comment(2) | メイプルストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
え、おもしろい記事じゃん
続きが気になるじゃん
じゃんじゃかじゃん
Posted by 芋トアヤコ at 2014年06月29日 16:57
>>芋はん
おもしろいとな!
まだ見に来てくれる人がいてよかったよ(´ω`)
頑張って続き書くよ!
Posted by びこ at 2014年07月05日 19:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: