比較サイト メイプルストーリーの思い出: いつか帰るところ

2014年06月21日

メイプルストーリーの思い出

前回の更新から一年経ちました

って書いた前回の更新からさらに一年経ちました


どうやら夏になるとふと更新したくなるようです

ここを見てくれる可能性のある方達ともなかなか連絡が取れなくなってきました

まぁ皆元気でしょう!




今日はネットゲームのメイプルストーリーの思い出についてちょこっと書きたいと思います

私とメイプルの付き合いは結構長く、14歳の頃からやっていました

今26歳であることを考えると人生の半分近くは関わりがあった事になります


といっても、ずーーとプレイしてたわけではなく大きくわけて二回ほどはまった時期がありました

一回目 14歳〜17歳まで
二回目 21歳〜22歳まで


一回目は中学生でしたがこの時のはまり方はすごかったです

もともとは何人かの同級生にすすめられて一緒に遊びはじめたのが始まりでした


misuta.jpg

当時使ってたメインキャラ

どうやら、ミルチル好きだったようです( ゚Д゚)y─┛~~


家に帰っても友達と遊べるというのが新鮮ですぐのめり込んだのを覚えています。



基本的には同級生と遊ぶためだけの物でしたが、次第にゲームそのものが面白く感じるようになってました

ある時レベル上げをしていると近くでプレイしていたプレイヤーに話しかけられました

時雨怜「一緒に狩りませんか〜?」

最初は正直、ネット上のよくわからない人と一緒にゲームをするという感覚がよくわからず

半分は嫌々、半分はドキドキな感じで誘いを受けました

レベル上げを2人ではじめてみると、まぁー楽しいのなんの


ゲームも楽しいし、チャットも楽しいし、
中学生だったし、女の子とチャットしてるだけで もードキドキだったし

チャットしていると年齢も同じである事がわかり、それからはその人と話したり一緒にレベアゲをやるようになりました



まぁそんなこんなでネット上で初めて友達が出来てから私のメイプルのハマり具合は激変しました。

一人友達が出来ると、その友達とも友達となり、って形でどんどん輪が広がって行きました

家に帰ったらメイプルという別世界があり、そこには常に10人も20人も友達がいるー


その別世界は自分の中での中心になりだしました


毎日家に帰ったらすぐメイプルを初め、寝落ちするまでやり続ける。

言うまでもなくひっどい生活なんですが、当時はものすごく楽しかったんです


メイプルでの友達は小学生もいれば、中学生も高校生もいる。
社会人の人も結構いて、普段の生活なら絶対に交わらないような人たちとの交流は本当に楽しいものでした。


このメイプルストーリーにはまってから1年くらいがたった頃、もう一つのめり込む大きな要素が増えました

普段ネットゲームをやらない層には意味不明だとは思いますが、このメイプルストーリー上での男女交際ってのが存在したんです

私もそのネットゲーム上での男女交際ってのを経験した一人でした


付き合った人は樺麟という人で、年の頃も近い女の子でした

付き合った発端は複数人で話している時に、お前ら仲いいから付き合っちゃえみたいな流れでしたが

付き合いだしてからはそりゃーもう本気でした

声も顔もわからない相手でしたが、本気で好きになってましたし


お互い中学生ってのもあったんでしょう、今思うと恥ずかしい発言だらけでした


ちなみにですが、メイプルストーリーでは男女が2人でカップルリングというアイテムを装備していると
2人が寄り添うとハートマークが出るという驚異的な破壊力をもつアイテムがありました

これを付けて毎日朝までその子とチャットするってのが日々の日課になっていました


ちなみにこんなの

f0027808_1521666.jpg


この大変素晴らしく恥ずかしいアイテムですが、三ヶ月で1000円というお値段でした

三ヶ月たったら再度購入しないといけないので、このリングを何回更新したかっていうのが

メイプルストーリーにおける男女交際の一つのステータスだったりしました


ちなみに私は3回購入したんで、9ヶ月程の付き合いだったと思います

今思うと声も顔もなしで本気で好きになるとか意味不明な気もしますが

当時は何の疑いも躊躇もありませんでした

そう考えると恋ってなんでしょうね(哲学)


この樺麟さんとの別れた理由ですが、私がメイプルストーリーから離れ初めたのが理由でした

この頃には私はメイプルストーリーに完全にのめり込んでおり

私生活の中でなによりも優先度が高くなっていました。


朝までプレイを毎日やってれば、授業なんて上の空ですし、寝不足で起きれず学校休むなんてのもちょいちょいありました

いい加減なんとかしないといけないな。と感じはじめ、前ほどメイプルストーリーを楽しいとも感じれなくなり

メイプルストーリーのプレイ時間がぐっと減り、樺麟さんとの付き合いは終わりました。



当時のメイプルストーリーの友達達からは、私は樺麟を置いて消えた酷いやつと色々嫌われてしまったのもよく覚えています。



自分が大好きな物を、綺麗な形で終われないのは今も昔も変わってないかもしれません





ここまでが第1回目の私がメイプルストーリーにはまった思い出話でしたが

この時に知り合った人たちとは本当に素敵な出会いだったと今でも思っています

社会人で大人のかっこ良さ的な何かを見せてくれた 虎童 さん
知り合った時は独身だったのに、今はもう子供3人いたりとかですっかりお父さんに

ネットでの人付き合いの楽しさを教えてくれた 時雨怜さん
当時中学生だったのが、今は教師になったようで、いい先生になってるだろうなぁ

優しかった きゃりぃーさん
学生だったのが看護婦さんに
シンガポールで一回会った時が懐かしいなぁ
チョコもらって浮かれたのを覚えてます

明るくて陽気な感じのいい人でした 月光もみじさん
私が大学生になってから何度かお会いしましたが、とっても素敵な人でした

何時間も話してくれた suyasuyaさん
なんでも相談に乗ってくれたり、面倒みてくれたり、本当に感謝です
大人のお姉さんって感じで本当にいい人でした
私が歳上の女の人好きになったのはこの人の影響やもしれません

からくり忍者、殺伐の螺旋、xxxミズキxxx・・・

何年たっても色んな事覚えてますし、私の中では凄く良い思い出です


今でも皆と連絡とりたいし、皆でまたメイプルしたいなんて思う時もあったりします





まぁ、ハマりすぎて生活壊してる面もあったメイプルストーリーでしたが

やめれた理由は私と同じ感じでメイプルストーリーにハマりすぎていたミズキという人のおかげでした


何か長くなりすぎたんで、また今度続き書きます乂゚д゚)

ミズキの話
大学時代に二回目のメイプルストーリーにハマった時の話
最近ちょこっとメイプルストーリーをプレイして思った事

上の3つはどっかで書きたいですね

ではまたまた








posted by ちきん at 03:23| Comment(0) | メイプルストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: